猫背の原因の身体の前側の筋肉を伸ばしてあげることも姿勢改善に役に立つ

猫背の原因の身体の前側の筋肉を伸ばしてあげることも姿勢改善に役に立つ

日々色々なダイエット方法を行なっているけど結果が出ない人は姿勢が原因となっている事があります。

 

 

ここで言う「姿勢」とは頑張る気持ちや目標体重などの心構えのようなものでは無く、まさに見た目に関わる「姿勢」です。姿勢がどれほど影響を与えるのかをこれから説明します。まず、姿勢が良いとされる人はほとんどいなく、多くの人は悪い姿勢をとってます。これは長年の癖や習慣となっている事が原因で、大きく分けても右利きの人は右腕の筋力が強く、その右腕の働きをサポートするように肩や背中の筋肉が付きます。

 

 

そのため左右で差が出来てしまい右腕がメインの姿勢が出来ます。これらは身体のアチコチで起こりますので、綺麗な姿勢の人はほとんどと言っていいほど居ないのです。

 

 

そこで姿勢を意識せずに何らかのトレーニングや運動を行なうと「使いたい筋肉」とは別に、身体は良く使う部分」を意識してトレーニングを行う形になりますので、トレーニング効果が薄れます。筋肉は発熱機関ですので、意識的に筋肉を活性化させることで代謝を上げる事が出来ますが、効果の薄いトレーニングですと筋肉の活性による発熱が不十分になり、「運動・トレーニングしているのに痩せない」事態となるのです。さらに姿勢は食事やサプリメントにも影響してきます。

 

 

最近ではスマホやタブレットの長時間使用により猫背の人が増えました。その結果内臓を圧迫するような姿勢となっている人が増えたのです。内臓を圧迫することにより内臓の各種臓器が働きを悪くします。胃〜大腸にかけて圧迫を受ける事で栄養の吸収が悪くなり、バランスの良い食事をしてもサプリメントを飲んでも効果が薄れます。さらに免疫力が落ちて病気になりやすかったり、便秘にもなりやすくなります。

 

 

 

悪いものは身体に溜まり、良いものは吸収されなくなりますので運動やトレーニング以外の努力が無駄になってしまうのです。それだけ姿勢は身体に影響を与えるものなのです。ではどのような事をすれば姿勢が良くなるのでしょうか?基本的に左右を同じだけ使う事と普段行なっていない運動を行なう事です。人間は利き腕・利き脚がありますので左右非対称になりがちですので、普段使っていない方の腕や脚を積極的に使う事でバランスが取れます。

 

 

中々難しい人でも寝る前にあまり使っていない方を動かすくらいの運動は出来ると思いますので、行なってみてください。

 

 

先ほど述べましたように人間は猫背になりがちですので、普段行なっていない身体を後ろに反らす運動、首を後ろに反らす運動、肩を後ろに回す運動等を行なって猫背の原因の身体の前側の筋肉を伸ばしてあげることも姿勢改善に役に立ちます。これらの事を取り入れて行くことで健康的な身体と綺麗な姿勢を手に入れる事が出来ますので、是非お試し下さい。