一口に便秘といっても様々な症状や種類がある

一口に便秘といっても様々な症状や種類がある

便秘とは、便の量が極端に少なかったり、便が硬くて排泄し辛かったり排便後も残留感があるというような状態のことをいいます。

 

 

便秘にもいくつか種類があり、腸に炎症や腫瘍等があり何らかの障害によって起きる器質性便秘と腸の働きに問題があり起きる機能性便秘に分けることが出来ます。器質性便秘については治療や手術などが必要になりますが、機能性便秘については食生活や生活習慣の改善や症状に合った薬を服用することにより改善できる可能性があります。

 

 

また、機能性便秘についても症状の特徴などから「習慣性便秘」「食事性便秘」「弛緩性便秘」「痙攣性便秘」等、四つに分けることが出来ます。自分の便秘がどの種類になるのかかかりつけの医師に診断してもらい、便秘の種類を把握して改善策を実施していけば徐々に症状は良くなりますので、自分の便秘のタイプを把握することは大切になってきます。「習慣性便秘」は便が直腸に送られても収縮しにくく便意が生じにくいので起きます。便意を我慢することが多かったり下剤や便秘薬の誤った選択や多用などが原因となり直腸の感受性が低下することが原因の一つでもあります。

 

 

「食事性便秘」は、食事の量が少なかったり繊維質の少ない食生活などが原因で便の量が減り腸の壁への刺激が少ないために起きます。「弛緩性便秘」は腹筋力の低下により排便時に腹圧をかけにくかった大腸自体の機能や運動、つまり蠕動運動の低下により便を運ぶ速さが鈍くなり大腸内の水分が余計に吸収されて生じます。

 

 

高齢者や運動不足の人、内臓下垂の人に起きやすいタイプの便秘です。「痙攣性便秘」はストレスや自律神経の乱れ、特に副交感神経の緊張感が続き結腸が痙攣し、狭くなるために便の通過がスムーズにいかなくなり起こります。このタイプの便秘は下痢と交互に起きる場合もあります。「習慣性便秘」や「食事性便秘」については、生活習慣の改善や食生活に繊維質の多い野菜や発酵食品の摂取を心がけるなどの対策によって改善していくことが多いようです。

 

 

弛緩性便秘の場合は、運動不足も原因の一つなので適度な運動を生活の中に取り入れ、場合によっては医師に相談して薬を処方してもらう必要もあります。最近では便が硬くて水分が不足している症状を改善する、酸化マグネシウムという薬を処方されることが多いようです。

 

 

「痙攣性便秘」については、ストレスや自律神経の乱れにより結腸が痙攣し痛みを伴い下痢と便秘が交互に生じる場合もあります。この場合自己判断で市販の下剤や便秘薬を服用すると症状が悪化することがあるので、早めに胃腸科を受診することをお薦めします。医師から処方される薬は整腸剤が主になりますが腸の筋肉の緊張や痛みを緩和させるために鎮静剤を処方される場合もあります。

 

 

一口に便秘といっても様々な症状や種類があり、それぞれの症状に応じて治療や処方される薬も違ってきますので、症状が長引く時は一度胃腸科や消化器系の専門医に診断されることをお薦めします。