バーニングボディを手に入れるためのテクニック

バーニングボディを手に入れるためのテクニック

ダイエットの定義は難しいですが、少なくとも体脂肪率を減らすという目的は誰しもが持っていると思います。

 

 

そこで、体脂肪を燃焼させるために必要になるのは、運動を行い直接脂肪を燃やす方法と、脂肪の燃えやすい体質に体を変えるということです。わかりましたか?ダイエットで重要なキーワードは「燃える」です。バーニングボディを手に入れるためのテクニックを紹介していきます。

 

 

直接的に脂肪を燃焼する方法としては、やはり有酸素運動を行うことが重要になります。その際には、決して食後に行わないようにしましょう。

 

 

食後では、食事でとったカロリーを消費しているだけになるので、脂肪は燃焼されません。
また、脂肪を燃焼しやすい体質にするには、筋トレを行って代謝をアップさせることです。

 

そして、鍛える筋肉で重要になるのは、なるべく大きな筋肉を鍛えるということです。大胸筋・広背筋・大腿四頭筋といった大きい筋肉を鍛えることで体の大半の筋肉を鍛える事ができます。こうした筋肉を鍛えることで、何をしていない状態でも脂肪を少しづつ燃焼してくれるような体の体質になります。

 

 

筋肉については毎日鍛える必要はなく、大きい筋肉に関しては週に1回鍛えることができれば十分です。

 

 

トレーニング後にはプロテインを摂取し、筋肉の成長を促すことが重要です。普段の食事もたんぱく質を多めに摂取することをこころがけましょう。

 

また、炭水化物についても摂取は重要になります。炭水化物は種類によって吸収スピードが異なってきますので、食べるタイミングんも大事になってきます。
例えば、運動前には素早くエネルギーになるように吸収の速いパンやパスタなどを食べることを推奨します。

 

 

また、トレーニング後のプロテインと一緒に炭水化物を摂取することでプロテインの吸収も早まりますので、ここでも吸収の早い炭水化物を摂取しましょう。

 

 

次に、普段の食事で摂取する炭水化物は吸収が緩やかなものを選択しましょう。具体的にはオートミール・そば・サツマイモなどです。
こうした炭水化物は血糖値の上昇も抑えてくれるので、余計な脂肪になりにくく、また食物繊維も多いので、お腹の調子も整えてくれます。

 

 

レコーディングダイエットで効率よく痩せよう

 

 

自分が食べた物を記録に残し、カロリー管理をするレコーディングダイエットは、食生活を改善して、健康的に痩せられる方法です。

 

 

 

自分ではそれほど沢山の物を食べているつもりはなくても、いざレコーディングをしてみると、思っていた以上に間食をしていたり、脂質や糖質を摂取し過ぎていたり、といった食生活の問題点に気付くことができます。厳しい食事制限をしなくても、間食のカロリーをカットするだけでも、緩やかなダイエット効果を得られることもあります。

 

で特に注意すべきなのは、菓子パンです。市販の菓子パンのなかには、1個あたりのカロリーが500kcal前後、とヘルシーな食事1食分よりも高いカロリーの商品もみられます。食べた物の記録をするなかで、カロリーの高い間食を選ぶ癖があると分かった場合は、カロリー表記を見ながらなるべくカロリーの低い商品を選ぶ習慣を付けるようにしましょう。

 

 

レコーディングの際には、メモ用紙にペンで書き付ける方法以外に、ダイエット用のアプリを活用する方法もおすすめです。最近では、食べた物の記録を写真で残すだけで、摂取カロリーのおよその値が表示される便利なアプリも登場しています。無料でダウンロードできるアプリも充実しているので、ぜひ活用してみましょう。

 

 

また、外食で食べた物のカロリーを知りたい時には、ファミリーレストランやファーストフードなど全国展開している大手チェーン店を中心に、ホームページにカロリーや栄養成分表示が掲載されているケースが多く、大変参考になります。レコーディングダイエットの際には、食事での摂取カロリーの管理と合わせて、消費カロリーの管理もすると、ダイエットの効果がより高まります。

 

 

歩いた歩数と消費カロリーが表記される万歩計アプリを使う、運動や家事での消費カロリーを計算できるアプリをダウンロードする、と消費カロリーの管理においても、スマートフォンのアプリを上手に活用すると良いでしょう。

 

 

美甘麗茶の効果